エンタメ

『七つの会議』が映画化!キャスト(共演者)に野村萬斎や香川俊彦も!

投稿日:

池井戸潤さんの小説『七つの会議』の実写映画が2019年に公開すること決定しました。

主人公の八角役に野村萬斎さんが抜擢されましたね。

 

一癖も二癖もあるキャラクターを野村萬斎さんがどのように演じるのか今から楽しみです。

主演以外にもある程度のキャストが決まっているので、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

七つの会議の映画のキャスト(共演者)はだれ?

野村萬斎

主演に野村萬斎さんです。

演じる役は万年係長のサラリーマン『八角』

 

パワハラ騒動がきっかけに不可解な事件が起こるのですが、その中心にいるのが八角です。

 

上司のパワハラに嫌気がさして訴えたり、万年係長なんだけど、平凡ではな役なので

野村萬斎さんが、どのように役(八角)を作り込んでくるのか楽しみですね。

香川照之

香川照之さんが演じるのは、営業部長の『北川』です。

会社の中で絶対的なポジションにいる人物なので、半沢直樹でも存在感に溢れたキャラクターの香川照之さんにはピッタリの役ではないでしょうか?

 

香川照之さんについて、野村萬斎さんも共演を楽しみにしているみたいで

香川照之さんの独特の感覚があるので、そんな部分でも惹かれるところがあるのでしょうか?

及川光博

及川光博さんが演じるのは営業課長の『原島』です。

及川光博さんは、どのような作品でも独自の間というか、空気感を持っていますよね。

 

役どころとしては、うだつが上がらない人物の役ですが、

そこに及川光博さんの世界観が加わるので楽しみですね。

片岡愛之助

片岡愛之助さんが演じるのは、課長の『坂戸』です。

 

坂戸は、主人公の野村萬斎さんに訴えられる役なので、

野村萬斎さんの直接の上司で、パワハラを振りまいてくることになります。

 

パワハラにも、その人物によって圧力のかけ方が違ってくるので、

片岡愛之助さんがどのようにパワハラをして、野村萬斎さんに訴えられた後はどうなっていくのか?

片岡愛之助さんの演技が楽しみですね。

北大路欣也

北大路欣也さんの役は、親会社の代表取締役の社長『徳山』です。

北大路欣也さんは、どのような作品でも今や重鎮のポジションが合いますね。

 

親会社のトップに相応しい

どっしりとした代表取締役に北大路欣也なので間違いないと思います。

音尾琢真

音尾琢真さんの役は、ねじ工場の社長『三沢』です。

普通の工場長の役ではなくて、零細の工場の社長という役です。

 

そんなねじ工場の社長役を音尾琢真さんが、どのように演じるのか楽しみですね。

立川談春

立川談春さんの役は、ねじ製造会社の社長『江木』です。

立川談春さんの役とは違い、こちらは新進気鋭のねじ製造会社の社長です。

 

役を見るだけで、零細のねじ工場社長の立川談春さんと

新進気鋭のねじ製造会社社長の音尾琢真さんの対立が目に浮かぶようです。

 

2つのねじ製造業の社長が、今後どのようになっていくのか楽しみですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回は半沢直樹シリーズなど、続々と小説が映像化になっている池井戸潤さんの小説『七つの会議』の映画化の話題でした。

 

キャストの面々は、半沢直樹で見た方が多い印象ですが

主演に野村萬斎さんが加わることで、『七つの会議』がどのような映画になるのか?

 

来年の公開が楽しみですね。

スポンサードリンク

-エンタメ

Copyright© 主婦セラピストの実りブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.