エンタメ

公務員は優勝しても賞金や出場料を受け取れない?副業を認めてもらう方法!

更新日:

公務員の副業やダブルワークなど、本業以外でお金を稼ぐことが禁止されていることは有名な話ですよね。

ボストンマラソンで優勝した川内優輝さんも埼玉県庁でフルタイムで働く公務員です。副業が禁止されているのなら、フルマラソンでせっかく優勝しても賞金も受け取れないのでしょうか?

そんなボストンマラソンの優勝賞金1,600万円は一体どうなってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

川内優輝さん(公務員)の優勝賞金は受け取れない?どうなるの?

結論を言ってしまうと今回の優勝賞金は受け取ることができます。

まず公務員としての仕事に関係がないこと、そして、誰が優勝したのか?どのような大会だったのか?優勝賞金はいくらだったのか?

 

これらが新聞や、テレビなどで詳細に公表されているので不透明なお金でありません。

 

何か書類などを作成して埼玉県庁に改めて報告する必要もなく、優勝賞金を受け取ることができます。

ただし、ボストンマラソンの「出場料」や「スポンサー料」は公務員の細かな規定により、受け取れないみたいなんです。

川内優輝さんは、これまでフルマラソンに80回以上も出場し、32回もの優勝経験があります。今回のボストンマラソンは、大会側からの招待を受けて出場していました。

 

その際に「出場料」も支払われるのですが、今回のボストンマラソンでも、今までの招待された他のマラソン大会でも「出場料」は公務員の細かな規定のため受け取れないんです。

「出場料」の他にも受け取れないのが、「スポンサー料」です。

 

ボストンまでの交通費など大会主催者が負担するのは、金銭を受け取らないことから問題ないとのこと資金的に制限がある中で、川内優輝さんは実費で大会の下見もしていることは驚きです。

事前にコースを下見していたことで、ボストンマラソンで走る良いイメージが付いて優勝できたとのことです。

公務員は副業が禁止!認めてもらう方法はあるの?

公務員は副業が禁止など、良く聞きますが認めてもらう方法はあるのでしょうか?

例えばですが、実家が何か事業をしている。お店や、お寺などの場合手伝いをしなければいけないなどあるはずです。

 

その場合には、「兼業申請」をして認めてもらうことで副業をすることができます。ただし、公務員の仕事に支障が出たり、稼ぐことだけに特化している場合には、認められません。

とは言っても完全に禁止ではないので、もし公務員の方で副業を考えているのでしたら、上司に相談してみるのもいいかもしれません。

 

相談する時には、どのような副業を、どのくらいの規模でやればいいのかなど聞いてみるのもいいですし「兼業申請」を認められている先輩はいますか?どのような兼業をしていますか?など、聞いてみるのが早いかもしれません。

ただし、単にアルバイトは認められない可能性が高いですが「作家」や何かの「講師」など、その人しか出来ないようなことは認められる可能性が高いという情報もあります。

もちろん、公務員の仕事と無関係で、利害関係もないことは最低条件になってくるはずです。

スポンサードリンク

まとめ

副業や兼業が禁止の公務員の方でも、世界的に活躍している方も多いです。

ですが、優勝をして優勝賞金など受け取れればいいですが一般の方と比べて受け取れないお金もあるので、資金面で苦労する部分も多いかと思います。

そんな環境の中でも実費でボストンまで足を運んで下見までする川内優輝さんはスゴイです。今回は、優勝までしたんですから凄すぎますよね。

マラソングラウンドチャンピオンシップにも出場する可能性が高いみたいなので、今後の活躍が楽しみですね。

スポンサードリンク

-エンタメ

Copyright© 主婦セラピストの実りブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.