シグナル

シグナル6話ネタバレ|無実の工藤が逮捕された理由と誘拐事件の結末

投稿日:

『一体、何があったんですか・・・?』

健人(坂口健太郎)は、無線がつながったとき大山(北村一輝)が泣きながら無線で「工藤雅之(平田満)は犯人じゃなかった」と聞かされる。

工藤雅之(平田満)が犯人の可能性が高いと判断されたのは、窃盗に入った際に顔を見たという証言があったからでした。

 

そして、前回の健人(坂口健太郎)からの無線のアドバイスで郵便ポストの指紋を採取したところ

現場からも工藤雅之(平田満)の指紋が出てきてしまいました。

 

シグナル長期未解決事件捜査班の第6話『衝撃の死 極限のタイムリミット 誘拐事件の謎を解け』のあらすじ・ネタバレを紹介していきますね。

スポンサードリンク

無実の工藤雅之(平田満)が捕まって誘拐までした理由

警察署で話を聞くために工藤雅之(平田満)の元を大山(北村一輝)が訪れます。

 

目撃証言もあり、現場から指紋も出てきてしまった工藤雅之(平田満)ですが

「俺はやっていない信じてくれ」と犯行を否定します。

 

そこに娘の工藤和美(吉川愛)も現れて「お父さんはやっていない。犯人じゃない」とお父さんを連れて行かないでと懇願する姿を見ると大山(北村一輝)も本当は連れて行きたくないと感じてしまうんです。

 

その姿を見た工藤雅之(平田満)は

娘を安心させるために警察署での事情聴取を受ける覚悟を決めます。

 

娘は親戚のところに預けるから、バスに乗せるまで待ってくれと大山(北村一輝)に頼み

本当は窃盗なんてやっていないと信じたい大山(北村一輝)も娘の工藤和美(吉川愛)がバスに乗るまで見届けるのですが、、、

 

このバスに乗せたことが、その後の未来まで変えてしまうことになるんです。

工藤雅之(平田満)が誘拐した理由

親戚のところに行くためにバスに乗った工藤和美(吉川愛)

何もやっていないのに連れていかれたお父さんのこと考え、バスの中で耐え切れなくなり泣いてしまいます。

 

それを見ていた父親の工藤雅之(平田満)の表情が本当に悲しそうです。

 

その様子を横で見ていた大山(北村一輝)も悲しくなってしまいます。

事情聴取のため警察署に着いたとき、バスが事故を起こして炎上している様子がテレビに映ります。

 

さきほど工藤和美(吉川愛)が乗っていたバスでした。

 

事故の様子を映したテレビには、

血だらけの娘の工藤和美(吉川愛)が映っていて、救助を必要としています。

 

救急隊員が救助に時間がかかっているとき、もう一つの事件が起こります。

 

助けを必要としているのに救助の手を止めて、別の女性を救助しに向かったんです。

その時に救助されたのが矢部香織(野崎萌香)

未来で工藤雅之(平田満)に誘拐された女性です。

 

そして炎上しているバスの事故現場で、

救助に時間のかかっている工藤和美(吉川愛)よりも先に矢部香織(野崎萌香)を救助してくれと懇願したのが父親の矢部英介(小須田康人)だったんです。

 

あのまま救助を続けていれば娘の工藤和美(吉川愛)は助かったのに途中で矢部英介(小須田康人)が矢部香織(野崎萌香)の救助を懇願しなければ、、、と今でも考えているのが工藤雅之(平田満)だったんです。

 

これが工藤雅之(平田満)が未来で誘拐事件をした理由です。

矢部英介(小須田康人)への復讐

誘拐したのは矢部香織(野崎萌香)さん、密室の冷凍庫の中に監禁して、どんどん体温を奪っていきます。

 

矢部香織(野崎萌香)を誘拐したのは、父・矢部英介(小須田康人)に恨みを持ち、自分と同じように目の前で自分の娘が死ぬ姿を見せるための犯行だったんです。

 

ここで、娘の矢部香織(野崎萌香)から冷凍庫の中から自宅に電話が入ります。

近くに犯人の工藤雅之(平田満)はいないみたいで、携帯も取り上げなかった様子です。

 

電話を変わった美咲(吉瀬美智子)が倉庫の中の情報を聞き出し、逆探知でも場所が判明、捜査員が現場へ救出へ向かいます。

 

工藤雅之(平田満)が誘拐した矢部香織(野崎萌香)から携帯を取り上げなかったことを不審に思う美咲(吉瀬美智子)

もしかしたら、逆探知で判明した場所はワナではないかと考えがよぎります。

 

そんなときに健人(坂口健太郎)からの電話

 

工藤雅之(平田満)の娘・工藤和美(吉川愛)がバスの炎上事故で焼死してしまったこと

矢部英介(小須田康人)と工藤雅之(平田満)の関係

 

本当に復讐をしたい相手は娘の矢部香織(野崎萌香)ではなくて、矢部英介(小須田康人)であることが判明します。

 

それが分かったのに矢部英介(小須田康人)の姿がみえません。

犯人に仕立て上げられた工藤雅之(平田満)

工藤和美(吉川愛)がバスの炎上事故で焼死したことの他に健人(坂口健太郎)は、もう一つの情報を無線で大山(北村一輝)から聞いていました。

 

それは工藤雅之(平田満)が無実であること

目撃証言もあり、現場からも指紋は見つかりましたが、工藤雅之(平田満)には犯行時刻に目撃証言がありました。

 

アリバイがあり、犯行を行うことは不可能だったんです。

どうして、それでも犯人にされてしまったのでしょうか?

 

それは、警察内部からの圧力でした。

 

警察は早く、連続窃盗事件を解決したかったので犯人は誰でも良かったんです。

そんな理由で、アリバイは無かったことにされて犯人に仕立て上げられてしまったんです。

 

工藤雅之(平田満)の怒りは当然だったはずです。

やってもいない窃盗事件の犯人にされ、娘まで事故で亡くしてしまいました。

 

その後、大山(北村一輝)を見た工藤雅之(平田満)が「お前のせいだ!」と掴みかかったのも無理はありません。

恨みを持った工藤雅之(平田満)の犯行

20年前にバスが炎上した事故現場には、誘拐した工藤雅之(平田満)が矢部英介(小須田康人)を呼び出して待っていました。

 

そこには冷凍車もあります。

「早くしないと娘が手遅れになる」

 

誘拐された矢部香織(野崎萌香)が目の前の冷凍車にいるなら、助けられるのは父親の矢部英介(小須田康人)しかいません。

 

健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)も20年前の事故現場へ向かっています。

 

先に着いた健人(坂口健太郎)が工藤雅之(平田満)を発見、身柄を確保します。

 

到着した美咲(吉瀬美智子)は、冷凍車へ工藤和美(吉川愛)の救出へ向かいます。

 

それを見守る健人(坂口健太郎)ですが、違和感を覚えます。

そばで一緒に救出されるのを見ている工藤雅之(平田満)が無抵抗で、このまま救出されれば、矢部英介(小須田康人)への復讐が何も達成しないからです。

 

何のために今回の誘拐をしたのでしょうか?

 

冷凍車には何か罠があるはずです。

 

罠に気づいた健人(坂口健太郎)が大声で注意を促しますが、救出のことで頭がいっぱいの美咲(吉瀬美智子)には届きません。

 

急いで健人(坂口健太郎)も冷凍車に近づきますが目の前で冷凍車が爆発し、美咲(吉瀬美智子)が炎に包まれてしまいます。

 

美咲(吉瀬美智子)は焼身遺体となって発見されました。

健人(坂口健太郎)も捜査班のメンバーもショックを受けてしまいます。

 

これから健人(坂口健太郎)が出来ることは、過去で大山(北村一輝)に真犯人を捕まえてもらうことです。

過去を変えれば、未来の美咲(吉瀬美智子)は助かるかもしれません。

連続窃盗事件の犯人は一体だれ?

過去の連続窃盗事件の被害者宅の情報を調べますが、共通点がなかなか見つけられません。

 

窃盗犯の目撃証言をした白石智弘(白石隼也)

3件の被害者宅の息子たちに一つだけ共通点があることがわかります。

 

過去に同じボートクラブに所属していて、お互いに面識があることが判明したんです。

 

それがわかったところで過去と無線がつながりました。

 

大山(北村一輝)も目撃証言をした白石智弘(白石隼也)が怪しいと考えていたみたいで意見が一致します。

そして、白石智弘(白石隼也)と工藤雅之(平田満)も面識があった可能性があります。

スポンサードリンク

まとめ

未来での誘拐事件をきっかけに美咲(吉瀬美智子)が亡くなったことで再び過去と未来で事件解決に動き始めました。

 

一度は、過去を変えることに抵抗があった健人(坂口健太郎)も今回は美咲(吉瀬美智子)のために奮闘します。

 

今回の事件は連続窃盗事件や、誘拐事件だけでなく警察内部や外部からの圧力があり今後の展開が楽しみですね。

スポンサードリンク

-シグナル

Copyright© 主婦セラピストの実りブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.