災害

台風24号2018の進路|関西(大阪・神戸)の交通機関・JRの影響は?

投稿日:


台風24号2018の最新情報から、関西(大阪・神戸)上陸はいつなのか?

 

今後の台風の進路予想、勢力など動きから予想される交通機関(飛行機、電車[JR]、新幹線、高速道路)の影響をお伝えします。

 

九州の鹿児島が台風24号の暴風域に入るのが30日00時

関西地区の大阪や、神戸も30日中に台風24号の暴風域に入ります!

 

今後の台風24号の動きや、勢力など交通機関に影響があると運休や欠航になってしまいます。

旅行や仕事でお出掛けの予定があり、不安・心配に感じている方は参考にして下さいね。

スポンサードリンク

台風24号の動き|進路予想図や勢力(強さ)は?

台風24号は9月29日の時点で、中心気圧が950hPaもあります。

 

台風は中心気圧が998hPaよりも数字が低くなると、熱帯低気圧から『台風』と名称が変更になります。

台風の強さは数字が低くなればなるほど、勢力(強さ)は強くなります。

 

中心気圧が950hPaは、強さが『非常に強い』に分類され、最大瞬間風速も50~60メートル毎秒と非常に強いです。

台風24号の進路予想図|関西(大阪・神戸)に上陸はいつ?

9月29日時点での進路予想図になります。

この台風24号の進路予想図を見てみると

30日21時くらいには台風24号の中心が大阪付近にあることがわかります。

 

では、大阪や神戸が台風24号の暴風域に入るのは30日の何時ごろになるのでしょうか?

 

予想では

神戸が暴風域に入るのが9時~12時

大阪が暴風域に入るのが13時~16時

このくらいの時間には、暴風域に入っていることが予想されます。

 

台風24号は30日に入ると、日本上空にある偏西風に乗って移動速度を上げることがわかっています。

 

25km/h ⇒ 45km/h ⇒ 90km/hへと急激に速度を上げるので、

 

強風域に入ると数時間では、
台風がやってきて暴風域に入ることが予想図からもわかります。

 

もちろん、進路予想図からの予想なので、そのくらいの目安だと考えて下さいね。

台風24号の速度が変化すると予想図も変わるので、その都度、最新情報の確認を宜しくお願いします。

スポンサードリンク

関西(大阪・神戸)の交通機関・JRの影響は?

台風24号の進路予想図から交通機関(飛行機、電車[JR]、新幹線、高速道路)の影響を見ていきましょう!

スポンサードリンク

台風24号の飛行機への影響は?

九州にある主な飛行場ですと『伊丹空港』『関西国際空港』『神戸空港』などがあります。

 

今回の台風24号の場合、
かなり勢力が『非常に強い』ので台風24号が近づいてくると、飛行機の欠航など確実に影響が出てきます。

こちらが台風24号による飛行機の影響予測です。
伊丹・関西国際空港ですと、
30日の午後から影響が出始めて、30日の夜まで影響します。

 

ですが、この影響予想は27日に発表されたものなので、実際にはこの予想よりも2~3時間早く影響がでる可能性があります。

 

それに九州の鹿児島が台風24号の暴風域に入るのが30日00時

そして、鹿児島に上陸するのが
9~10時ごろだと予想できます。

 

暴風域に入る前の強風域から飛行機には影響が出てくると思って間違いないでしょう。

もちろん、

運行状況など飛行機を飛ばす、飛ばさないの判断は各航空会社によりますが

早ければ関西地区であっても30日の午前中から飛行機に影響が出る可能性があるので、各航空会社の運行状況はチェックする必要があります。

スポンサードリンク

台風24号の電車[JR]への影響は?

台風24号が関西に上陸するのが30日の午後くらいになるので、新幹線やJRなどの在来線では30日の午前中から影響を受ける可能性があります。

こちらの図はウェザーニュースの9月27日の夕方に出した予測ですが

気象庁の情報では、30日00時からは鹿児島が暴風域に入ります。

 

そして神戸が台風24号の暴風域に入るのが30日の9時~12時ごろ

強風域に入るのがそれよりも早い6時~9時ごろになる可能性が高いです。

 

今回の台風24号の勢力が『非常に強い』台風なので台風の中心から離れていても影響が出てきそうです。

 

場所によっては強風域の影響で電車が遅れたり、運休になったりする可能性があります。

いつも利用している在来線が、『強風の影響で良く止まる』ような場所に住んでいる方は注意が必要です。

スポンサードリンク

台風24号の高速道路への影響は?

台風24号による高速道路への影響は、

東海・近畿地方では30日の午前から、30日の夜まで続きます!

高速道路は台風24号の暴風域に入るよりも早く、強風域に入った段階で通行止めになります。

 

今回のように勢力が『非常に強い』台風の場合には、強風域に入るよりも早く通行止めになる可能性が強いです。

車高の高い車や、トラック、貨物車など業務用の車は風の影響を直で受けるので業務量の車両が多く通行する高速道路は対処が早いです。

 

台風の強風域に入るよりも早めに移動したり、一般道を利用することを考慮しながら移動した方が良さそうですね。

前回の台風21号のときにも、トラックの横転などニュースになったので、運転のときは気を付けて下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

今回の台風24号は、勢力が『非常に強い』大型の台風になるので、台風が上陸する前から各地に影響が出てきそうです。

 

今後の台風24号の動きには、注意が必要です。

29日、30日に外出する予定のある方は気を付けて下さいね。

スポンサードリンク

-災害

Copyright© 主婦セラピストの実りブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.